メインイメージ

三徳包丁の選び方

万能ともいわれる三徳包丁の選び方とは?


三徳包丁はその呼び名の他に、肉も魚も野菜も切れるという特徴から「万能包丁」、「洋食にも対応する新しい包丁」という意味合いから「文化包丁」とも呼ばれています。

高度経済成長の時代に開発された包丁と考えてよいでしょう。食に携わる職人のための包丁というよりは、家庭で支持されています。

この包丁にも打刃物と抜き刃物があります。鍛造と鋳造の違いですが、鉄をハンマーなどでたたき出して作るのが打刃物、型に流しこんで作るのが抜き刃物です。

打刃物は繰り返し叩くことで、鉄の分子がキレイに並び始め、強度と剛性を持つものとなります。薄く作ることが可能です。抜き刃物は打刃物にくらべ強度と剛性が劣りますので、その分同じ素材であれば厚みなどを付けなくてはならなくなります。

原料によって、錆びにくい錆びやすいがあります。包丁は使用後は清潔にして、良く吹いたあとに乾かして収納するなどが必要です。そうしているつもりでも、気を抜くとすぐに錆びさせてしまうものです。錆びない包丁としてステンレスなどが使われているものも多くなりました。

鉄やステンレスはそれなりに重さがあります。重さにストレスを感じるようであれば、セラミックの包丁も発売されています。
選び方は「どこに重点をおくか」で決まります。切れ味長持ちに重点をおいて、メンテナンスも怠らないということであれば、青二鋼を選択してもいいでしょう。青二鋼は最高の鋼と言われています。研ぎやすく長く使えます。

切れ味もあって見た目も美しいということで選ぶならば、白二鋼本焼ということになります。ただし価格も上がりますし、三徳ではそこまで使われていません。

手入れが簡単で錆びにくいことに重点をおくならば、ステンレス製がすすめられます。全く錆びないということではありませんし、錆びやすいものと一緒にしているともらい錆びもあります。保管場所などには気をつけるべきでしょう。

軽くて錆びないということであれば、セラミックがおすすめです。抗菌仕様などもあり、漂白剤も使えることから、清潔が保ちやすいものです。ただし刃欠けしやすいといったマイナス面もあります。研ぎは専用のダイヤモンドシャープナーなどを使い、通常の砥石は使えません。

砥ぎなどのメンテナンスは何を選んでも必要です。良いものは砥ぎによって復活するというようなポテンシャルに違いがあると考えると、理解がスムーズです。ある程度まで使えば処分して新しものを購入するという選択肢もありますので、「良いものが必ずしもライフスタイルにあっている」というわけではありません。