メインイメージ

グローバルな包丁

グローバルの三徳包丁を選ぶとき


包丁にな用途に応じた様々な種類があることは広く知られています。

魚をさばくのに適した出刃、刺身を引くのに適した柳刃や蛸引といった刺身包丁、野菜を切るのに適した菜切り包丁などがあり、その他に食文化の多様化とともに日本でも使われるようになった牛刀、中華包丁、ペティナイフなど、さまざまなものがあります。

食文化の変化は戦後の高度成長期に著しく見られ、一般家庭の食卓にも、和洋中のメニューが並ぶようになりました。その時に求められたのが「肉にも魚にも野菜にも適したもの」でした。そこで開発されたのが三徳包丁です。

「3つの徳がある」ということから、この名が付けられました。当時「西洋風のもの」や「進歩的なもの」には「文化」を付けることも好まれ、文化住宅や文化鋏といった言葉が生まれました。
文化包丁もそういったネーミングのひとつです。三徳包丁は文化包丁とも呼ばれていました。

しかしグローバルでは三徳と文化を全く別のものとして製品化しています。その違いは名前からでは分かりにくいものですが、明らかな違いがあります。

どちらも機能性に優れた万能性があるものですが、三徳はみじん切りや千切りに適した刀幅が均等な形状になっています。それに対して文化は刃幅大きく、大型の食材をあつかうときに適しています。

その他万能に近いもので牛刀がありますが、こちらは2つに比べて細長い形状を持ち、肉の切り分けに適しています。
もし1本だけをどのような場面にも適応させて家庭で使いたいということであれば、牛刀を除く2つのいづれかで好みによって選ぶということになります。

文化は洋包丁である牛刀と和の菜切り包丁の特性も持ち合わせているものです。峰は少々反っていますので、この部分で魚の鱗を取ることも可能です。

三徳はどんな食材にでも対応できるように作られていますので、特化している部分をあげるよりも「和食寄りの家庭に向いている」と考えたほうがいいでしょう。あとは握りなどの感覚で選びます。

左利き用に関しては、右利き左利きに分かれているものにであれば、受注生産となっているようです。値段や納期も個別の問合せになります。

グローバルの製品は用途に応じて細かく適応するものがありますが、刃が薄くなっています。
冷凍食品などに刃を当てると刃こぼれの原因となることから、半解凍の状態でも使用は避けたほうが無難です。グローバル自体も冷凍食品対応の製品は作っていないと明記しています。