メインイメージ

保管方法と注意

包丁の保管方法と注意


包丁を使って、洗ってそのまま仕舞いっぱなしにすると、どうなるでしょうか。鋼材ならば、次の日にはもう赤く錆が浮いてきます。錆は、金属の表面の不安定な金属原子が、環境中の酸素や水分などと酸化還元反応をおこして生成される腐食物をいいます。

水分、酸素に常に触れている状態の包丁は、非常に錆びやすいのです。錆びないと言われているステンレスも、鋼にクロムを添加した合金なので、錆びにくい特性はありますが、絶対ではありません。

なので包丁の手入れと保管は非常に重要です。なかには安物を買って、錆びたり切れなくなったりしたら、新しく買って使い捨てればいいと考えられる方もいますが、やはり良い物を買って、長く使いたいものです。

使い終わったら、先ず洗います。中性洗剤で、傷をつけないようスポンジなどできれいに汚れを落とし、すすいでください。素材に含まれる塩分や酸が腐食の原因ともなり、また生ものを切った生臭い匂いの移りも防げます。食洗機・乾燥機に入れてはいけません。柄が割れるたり、刃が欠けたりする可能性があります。

メーカーによっては「食洗機OK」を売りにしているものもありますが、避けた方が無難です。洗った後は、乾いた布で水分を丁寧に完全に拭き取ります。その後は、包丁立てやナイフブロックにて自然乾燥させながら保管します。

早く乾燥させたいから、殺菌効果があるからt、火で炙ったりする行為は厳禁です。焼きが戻ってしまい、切れ味が致命的に墜ちてしまいます。保管はだいたいのステンレスであれば、そのままで大丈夫です。

風通しの良い場所ならば、錆びることはありません。和式の鋼のものなどは、保管の際に、乾燥した後、油を塗ると良いです。包丁専用のオイルもありますが、植物油でもかまいません。このことにより、空気に触れなくなるので、錆びを防ぐことができます。

ただし、刃に水分が残っていると、油を塗っても、内側から錆びてしまうことはあります。植物油は、長時間経つと、べたついてしまうので、一年以上使わない場合は、塗り直してください。

再び使う時は、塗った油をきれいに落として使います。当分使う予定がなかったり、仕舞ってしまいたい時は、油で塗った状態で、新聞紙に包んで保管してください。新聞紙は、湿気から包丁を守ってくれる役割があります。

こうすることで、包丁は永く使えます。セラミックスは錆の心配はありませんが、衝撃で欠けることがあるので、ほかのものにぶつからないような置き方をしてください。