メインイメージ

和洋の良いとこ取り

初心者におすすめは和洋の良いとこ取りの包丁


包丁には沢山の種類があるので、自炊などをはじめて、いざ買おうとしても、迷ってしまいます。包丁にはどんなものがあり、初心者は、まず何に注意してどういったものを買えば良いのでしょうか。
包丁は、和、洋、中華で分けることが出来ますが、洋包丁と中華包丁は、一つで、いろいろな用途に使えるものが多いです。

これに対し、和包丁は、野菜を切るのに使うと便利な「薄刃」と呼ばれるものや、魚をおろすのに使う「出刃」、或は、刺身を切るのに用いる「柳刃」など、用途によって様々な種類があります。

勿論、使う人の目的にあったものを選ぶのが一番ですが、いきなり何本も買いそろえても、使いこなすのは難しく、予算の面からも大変です。自炊をはじめたばかりだというのであれば、最初に「三徳包丁」を買うのがおすすめです。
これは、和と洋の両方の良いところを合わせたマルチのもので、肉にも野菜にも魚にも、勿論果物ナイフの代わりなどにも使えます。

一人暮らしの自炊であれば、これ1本で十分な場合も多いです。また、果物や野菜の皮むきは、実はピーラーを使った方が簡単に素早くむけたり、野菜の千切りも、おろし器の方が手軽できれいに出来たりと、用途によっては、包丁にこだわらなくても良いことも多いです。

逆に、料理することが楽しく、道具にもっと凝りたくなったというのであれば、「出刃」や、果物の飾り切りなども出来る「ペティナイフ」といったものを買い足してゆくのも良いでしょう。

包丁の選び方では、材質にも注意が必要です。鋼製やステンレス製、或はセラミック製と種類がありますが、初心者には、ステンレス製がおすすめです。切れ味で比較すると、ステンレス製よりも、鋼製の方が良いのですが、ステンレス製は錆びにくいという特徴があります。

どちらも、切れ味が鈍ってくれば、砥石などで砥いで、お手入れをしなければなりませんが、鋼鉄製のものは、よりこまめに研ぐ必要があります。これを、怠って、切れない包丁を使い続けると、刃が引っかかって思わぬ怪我の原因にもなるので気を付けましょう。

セラミック製は、切れ味も良く、錆びないので良いのですが、家庭では基本的に砥ぎにくいので、切れ味が落ちてきたり、刃が欠けたりしたら、使い捨てになってしまいがちなのが難点です。

サイズにも気を付ける必要があります。刃渡り18センチ前後が使いやすいとされていますが、小柄な女性が使う場合や、キッチンの作業スペースのサイズが小さい場合は15センチ前後でも良いでしょう。使う場所が狭いと、刃先や腕などが当たって使いづらいばかりでなく、危険です。

また、場所が狭いと、まな板なども小さいものを使わなければならなくなるので、その上で使うものも小回りの利くものの方が使いやすいです。

ただ、余り小さいと、丸ごとの野菜など、大きめの食材を切るのが大変になるので、自分に丁度良いサイズを見極めることも大事です。